看護師の転職 「できなくて当然」という気持ちが、ストレスを軽減させる。

2016.09.06 (火)

新しい職場や環境に配属されたとき、あなたはどんな気持ちで仕事に望みますか? 新しい職場に入ってストレスを貯めない方法は「できなくて当然」という気持ちを持つ事です。

 

新人の頃は、新しい職場に配属されると「どんなところなんだろう?」、「仕事に着いていけるかな?」「人間関係は大丈夫かな?」など色々な不安を持つ事が多いでしょう。

 

しかし、経験を積んでキャリアをある程度持った状態での転職、新しい職場や環境に配属されると、私はこの分野に関しては、キャリアがあるから「できて当然」と思ってしまいがちです。

 

この「できて当然」という思いが強い状態で、実際に上手くできなかった体験をすると、「できる」という思いと「できなかった」という思いにギャップが大きいため、人はストレスになり、落ち込みやすい原因となります。

 

同じ分野の看護でも、職場が変われば方法や環境も変わります。ですので、今まで簡単にできていた事も新しい環境で経験してみて、方法を変えなければできない事もあるのです。

 

ですので、新しい環境では、「できて当然」という気持ちで身構えるのではなく、「できなくて当然」という気持ちで、学んでいく姿勢が大切です。

★無料足やせ相談・9月開講 看護ケアが楽しくなる足やせストレッチ講座 お申し込みページ

足やせストレッチ講座に申し込む

★スウェディッシュマッサージ 体験お申し込みページ

体験ボディケアに申し込む

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 看護師の転職 「できなくて当然」という気持ちが、ストレスを軽減させる。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

03-6883-1931

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP