看護師ストレス対策 転職、異動後は、自己効力感を高めましょう。

2016.09.28 (水)

あなたはストレスに対して心がけている事はありますか?特に新人の頃や転職、新しい病棟への異動など、慣れない環境へ異動した後は、ストレスがかかりやすい状態になります。

 

そんなストレスが溜まりやすい状況でのストレス対策として、オススメの方法があります。それは自己効力感を高める事です。自己効力感とは、「自分の能力や力、自分という存在に対する自信を持つイメージ」を意味します。

 

自己効力感を高めるために大切なのは、あなたが成功した体験です。成功体験というのは、これまでにあなたが、成功した経験の事です。人は過去の経験に影響を受け、行動を制限したり、行動が加速したりしやすいものです。ですので、自己効力感を高めるために、成功体験を作るように意識しましょう。

 

成功体験をつくる秘訣は、日々の業務においても、小さなステップ=小さな目標をたくさん設定しておくことです。例えば、「今日は、この患者さんの疾患について調べる」とか、「今日はナースコールを何件はとる」などといった感じです。

 

あまり、大きな目標を立てすぎてしまうと、達成するのにストレスがかかり、かえって逆効果になります。例えば、山登りをした事がない人が、いきなり「ヒマラヤ山脈を登頂する」という目標を立てたらどうでしょう。

 

目標が高すぎて挫折しやすく、ストレスもかかります。まずは「高尾山を登頂する」目標を立てた方が成功しやすく、成功体験は高まります。

 

ですので、小さなステップ=目標を積み重ねて、成功体験を作って自己効力感を高めて行く事がストレスをためない大きな秘訣ですよ。

 

★スウェディッシュマッサージ 体験お申し込みページ

体験ボディケアに申し込む

★無料足やせ相談・10月開講 看護ケアが楽しくなるストレッチ講座 お申し込みページ

看護ケアが楽しくなるストレッチ講座に申し込む

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 看護師ストレス対策 転職、異動後は、自己効力感を高めましょう。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

03-6883-1931

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP