看護師が休憩にすぐできる、肩を解すストレッチ

2016.10.23 (日)

看護師にとって、長時間のカルテやサマリーの記入などは、肩こりの原因になりやすいですよね。あなたは、肩の疲れや凝りを感じた時に、どんな方法で解決していますか?

 

休憩中やステーションでもすぐできる、肩の疲れを取るストレッチをご紹介します。壁さえあれば、どこでもできるので試してみてください。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%9955

 

肩をほぐすストレッチ
1、 壁の脇に立ちます。

 

2、 片肘を曲げた状態で、肩肘〜手先までを壁にもたれた状態で、体をまっすぐに前の方に重心を移動させます。

 

3、 肩甲骨を背骨の中心に寄せるように意識します。

 

4、 胸の前側が伸ばされるのを感じます。

 

肩甲骨って何もしてあげないと、年齢と共に背骨から離れてだんだん体の外側に移動していくんです。肩甲骨が体の外側に移動していくと、手が上がりにくくなってきます。ですので、肩の運動って肩甲骨の運動なしには、あり得ないんですね。

 

手をあげるには、肩甲骨が背骨に近い状態にある事が理想です。手をあげるのに伴って、肩甲骨も上がっていくんです。ですので、肩甲骨が上手くあげられないと、手も上手く上がらないんですね。

 

よく、野球のイチロー選手が、肩甲骨の重要性を解いていますが、肩甲骨の動きを意識することは、自分のカラダと向き合う上で、とても大切なことなんです。

 

肩甲骨を意識して動かさないと、肩甲骨についている筋肉で、肩こりの原因になりやすい僧帽筋などの筋肉が、凝り固まってしまいます。凝り固まる事で、血流低下を招き、痛みなどの原因を引き起こす可能性があります。

 

私が、現在開講している「臨床で使えるスウェディッシュマッサージ講座」でも同じです。肩甲骨の動きの重要性をお伝えしています。

 

スウェディッシュマッサージでは、筋肉の深部を解すマッサージでもあり、セラピストが体を揉み解す時に、指先や、手だけの運動では、難しいんです。肩甲骨の運動を意識して、肩甲骨から動かすようにして、上肢を動かすんです。そうする事で、きちんとした圧が伝わり、筋肉を解す事が可能となります。

 

ですので、スウェディッシュマッサージの施術を実施してみると、肩甲骨を意識的に動かす事になるので、肩甲骨の動きを活性化し、肩周囲の循環を良くし、
肩こりの原因をつくりにくい状態になりますよ。

 

ぜひ、電カル入力やサマリー記入などで頑張った後は、肩甲骨の動きを意識して作ってあげる事で、肩のつかれを解放してあげてくださいね。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 看護師が休憩にすぐできる、肩を解すストレッチ

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

03-6883-1931

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP