慢性腰痛の原因と腰痛の改善におすすめのマッサージとは?

2017.01.14 (土)

ケアでの腰痛、介護する人や医療現場でも腰痛に悩む人は多いのが現状です。ケア中に起こる腰痛の原因ですが、非特異性腰痛といって病院に受診して、レントゲンなどをとっても原因がわからないものも多いのが現状です。

 

色々やってみても中々よくならない。でも腰痛は続いているので、何とかしたい。その場合の対策で大切なのは「心を休める状態」を作ってみることです。この「心を休める状態」は自分が使える時間で構いません。わずかでも良いので、意識的に行う事が大切です。

 

心を休める状態とは、何も考えずに、目を閉じて深く呼吸をして、力を抜いてみる事です。何も考えず、心を休めてリセットする事で新鮮な気分になり、新しいアイディアも生まれやすくなります。腰痛の原因は、心因性の腰痛といってメンタルが原因で起こる事も多いです。3ヶ月以上に渡り、腰痛が続くと抑うつ状態になりやすいともされています。

 

痛みには自律神経との関係があります。ストレスが溜まっていると自律神経のバランスが崩れ、交感神経優位の状態になります。常に交感神経優位の状態が続いている状況は、自動車に例えるとアクセル全開で、ずっと走り続けているようなものです。

 

また、交感神経優位の状態は、知覚神経を過敏にするので、痛みを感じやすくなります。つまり腰の痛みも感じやすくなるわけです。ですので、長期間にわたる腰の痛みを感じた場合、あまり腰の痛みばかりに捕われすぎずに、「心を休める状態」を意識的に作ってみる事が大切です。

 

リラックスして心を休め、副交感神経優位の状態を作る方法として、スウェディッシュマッサージはおすすめです。北欧ティストのリラックスした空間に身を置いてリセットする。施術はゆったりとした一定のリズムで、体の筋肉を解していきます。その揺れが、次第に、副交感神経を優位な状態にして、リラックスした状態にカラダを導いてくれます。

 

「病院にいったけど、特に異常がなかった。」、「ずっと慢性の腰痛で悩んでいる。」、「毎日、忙しくて時間がない。」そんな方はぜひ、心を休める状態を積極的に作ってみてください。

スウェディッシュマッサージ 体験

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 慢性腰痛の原因と腰痛の改善におすすめのマッサージとは?

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

03-6883-1931

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP