看護師の休憩中に気軽にストレスをコントロールできる方法

2016.10.05 (水)

気軽にストレスをコントロールするのに、おすすめの方法は、呼吸を整えるということです。これは道具も場所も選ばず、気軽にできるので非常におすすめです。

 

これから休憩に入るときや仕事に戻る時など、カラダの動きや気分が切り替わるところで、呼吸を整えていく事は大切な事です。

 

例えば、休憩から仕事に戻るとき、気合いを入れたい時は吐く息を早く、強く。
仕事から休憩に入るとき、気持ちを落ち着かせたり気分を切り替えたい時はゆっくり、優しく吐き出します。

 

呼吸と体の動きは密接です。
ゆっくりと息を吐き出すことで体の動きはゆっくりとなり、強く吐き出すことで、体の動きはスピーディになります。

 

この呼吸のリズムを整え、体の動きと同化させる事はカラダとココロのバランスを整えるためには、非常に重要な事です。

 

現在、医療従事者向けに開催しているスウェディッシュマッサージ講座でも、呼吸を意識する事は非常に大切な事をお伝えしています。

 

施術中に手技の切り替えのタイミングでは、乱れた呼吸を整えます。呼吸に意識をおき、ゆっくりと息を吐き出しながら、手技を行なうとゆっくりとしたストロークで施術ができます。

 

これにより相手に与える影響も変わってきます。
ぜひ、動作が切り替わるタイミングで呼吸を意識してみて下さいね。

 

★スウェディッシュマッサージ 体験お申し込みページ

体験ボディケアに申し込む

★無料足やせ相談・看護ケアが楽しくなるストレッチ講座 お申し込みページ

看護ケアが楽しくなるストレッチ講座に申し込む

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 看護師の休憩中に気軽にストレスをコントロールできる方法

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

03-6883-1931

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP