スウェディッシュマッサージをバレーボール選手のケアにオススメする理由

2017.01.05 (木)

現在、春の高校バレーが開催されておりますが、バレーボール選手のパフォーマンス向上において、日々のケアで大切な筋肉があります。それは、ふくらはぎの筋肉である下腿三頭筋のケアです。下腿三頭筋とは腓腹筋とヒラメ筋の総称のことを言います。膝上の裏側の辺りからアキレス腱につく筋肉です。バレーボール選手のケアとしてこの下腿三頭筋のケアは非常に大切なんです。

 

その理由は、バレーボール選手は下腿三頭筋を非常に使うスポーツだからです。(実は、私も昔はバレーボールをやっていました。高校時代はかなり真剣にやっていて、インターハイ、春の高校バレーにも出ましたが、よく、ふくらはぎの筋肉が疲労していました。

 

バレーボールの試合では、なるべく踵をつけない姿勢でいる事が理想とされます。ボールに早く反応するため、踵を付けない事で動き出しを早くするためです。

 

例えば、ボールをレシーブする時は、なるべく早く動き出す事ができるように、構える姿勢の状態から、踵は付いていません。この踵を付けない状態=踵が浮いている状態は、下腿三頭筋が働いている状態です。

 

また、スパイク、アタックを打つ時にジャンプする際にも、踵を持ち上げる時に下腿三頭筋が使われます。踵をしっかりと持ち上げて、高くジャンプするには下腿三頭筋の筋力が非常に重要です。ですので、バレーの試合ではこのふくらはぎの筋肉である下腿三頭筋が繰り返し使われます。

 

ですので、この下腿三頭筋のケアは非常に重要です。下腿三頭筋の柔軟性をしっかりと保って、筋力をつけておかないと、簡単にふくらはぎが痙攣して、つるようになってしまいます。

 

スウェディッシュマッサージは、深部の組織である筋肉を解す事ができるマッサージなので、ふくらはぎの筋肉である下腿三頭筋に対して、アプローチする事が可能です。

 

軽く擦るエフロラージという手技で皮膚を温めてから、ペトリサージという筋肉を揉み解す手技で下腿三頭筋を揉み解す事が可能です。スウェディッシュマッサージで、下腿三頭筋の柔軟性を保つ事で、バレーボール選手としてのパフォーマンスの向上を図る事が可能なわけです。

 

ジャンプやつま先立ちでいる動作が多いスポーツ競技をする方にとってもこの下腿三頭筋のケアは大切です。ぜひ、スウェディッシュマッサージで下腿三頭筋のケアを初めてみませんか。

 

スウェディッシュマッサージ 体験

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: スウェディッシュマッサージをバレーボール選手のケアにオススメする理由

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

03-6883-1931

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP